【ポケカ】ピオニーの価格が高騰!?発売当初から4倍の値段に…そのワケと評価を解説!!

「ピオニー」は2021年4月23日に発売された『白銀のランス』に収録されています。

発売後、しばらくは性能の評価がイマイチでストレージでよく見かけるカードの1枚でした。

しかし、ここ最近はその評価が見直され価格が高騰。ストレージから姿を消し、ショーケースに入っているのを見ます。

なぜ「ピオニー」の価格が高騰したのか、この記事では評価とその理由を解説していきます。

目次

ピオニー

ピオニーの効果

カード名ピオニー
種類サポート
カードレアリティU
収録パック拡張パック「白銀のランス」   
効果-
買取価格情報円~円
販売価格情報円~円
備考その他レアリティ:HR・SR

【効果】

自分の手札をすべてトラッシュし、自分の山札からトレーナーズを2枚まで選び、相手に見せて、手札に加える。そして山札を切る。

ピオニーの評価

自分の手札をすべてトラッシュすることで、山札から好きなトレーナーズを2枚まで持ってくることができます。

好きなトレーナーズを持ってこれる一方で、手札をすべてトラッシュするというコストが重いため、積極的に採用することが憚れるカードでした。

しかし、ミュウVMAX/ゲノセクトVのデッキとは相性が良く、また必須カードの1枚とも言えます。

「ピオニー」ですべて手札をトラッシュしても、「ゲノセクト」の【特性:フュージョンシステム】で手札を増やすことができます。

また、特性を封じられる「頂への雪道」の対策にもなります。

「ピオニー」で別のスタジアムを持ってきて張り替えるか、「霧の水晶」→「マーシャドー」で「頂への雪道」を割ることが可能です。

その他にも、「クロススイッチャー」や「パワータブレット」など必要なカードを2枚確定で持ってこれるのは強いですね。

最近では、ミュウVMAX/ゲノセクトVのデッキ以外にも1~2枚採用するデッキをよく見かけます。

ピオニー高騰の理由

1.環境上位デッキには必須

現環境上位にいるミュウVMAX/ゲノセクトVのデッキには必須のカードとなっています。

また、最近ではその他のデッキでも採用されるのをよく見かけるため、発売当初より評価が見直された形になります。

2.再販が少ない

『白銀のランス』と同時発売だった『漆黒のガイスト』は、発売当時からポケカバブルの影響か入手が困難でした。

再販は見かけるものの、『フュージョンアーツ』や『イーブイヒーローズ』よりも少ない気がします。

そのため、需要と供給が合っていないこともあり高騰したと考えられます。

3.パックから出る確率が低い

VMAXクライマックスに再録されましたが、収録されているカードが膨大な為、自引きできる確率は低いです。

また、これだけ高騰していて入手困難であれば、売りに出す人も多くはないでしょう。

まとめ

手札コストは重いですが、その分状況を打破できるゲーム展開に持ち込める可能性があるというメリットが大きいため、性能としては有能なカードではないでしょうか。

ただ、採用するプレイヤーが増えているため、まだまだ価格は下がらなさそうです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる